知識不要!ただ7~8時間寝るだけであなたのパフォーマンスは激変する!

どうも!23時には寝る男、ゴトウです。

 

最近暖かくなってきましたね~

ついつい仕事中もうとうとしてしまう・・・

 

そんな人に必見!!!な記事です(^^)/

 

以前、こんなことを呟きました。

 


「ほう、一流は8時間寝るのか。なら俺も寝よう」

 

 

ということで、以前は5~6時間睡眠を繰り返して「寝不足かな」と自覚があった私が、1週間8時間睡眠(1日だけ7時間になったw)を試してみました!

 

結論から言うとやばいくらい体調よくなったり集中力があがったんですが今回は朝起きてから夜寝るまで、その時間毎のパフォーマンスの変化を書いていきます!

 

スポンサーリンク

8時間睡眠した後の時系列毎の変化

朝、起床

目覚めと同時におきれた

「あたりまえやん!」と言われそうですが、今までベッドから降りてもまだ寝てるような、まぶたが落ちそうな感覚でしたが、8時間睡眠を続けたら起きた瞬間出社できる勢いで目が覚めます。

 

個人的に1日の一番嫌いな時間が起きてから出社するまでの時間なんですけど、ちゃんと目覚めるだけでこれほど会社に行きたいと思えるなんて(盛った)

 

ちなみに朝起きてまた2度寝しちゃう人は確実に睡眠不足ですから、早く寝ましょうね。

 

出社~午前中

何でも仕事こなせるマンに変身!

この時間帯が5~6時間睡眠と8時間睡眠の違いを顕著に感じましたね!以前はぼーっとしちゃう時もあり、簡単なミスや忘れ物もしていましたが(笑)

 

まずぼーっとすることがなくなり、かつ忙しくても仕事の内容は常に記憶している状態というか、忘れるって事がかなり減りました。

 

よく一日の中で午前中が一番パフォーマンスを発揮できると言いますが、ちゃんと寝ることでさらにパワーアップすることができる、まさしく「何でも仕事こなせるマン」になれるわけです!(盛った)

 

お昼ご飯~14時

めっちゃ眠い

睡眠デザイナーのこばりょーさんもこう言ってます。

ご飯食べたら眠くなる。それは全人類共通でございます。人間とはご飯食べたら眠くなる生き物なのです。医学的に言うと消化するために胃に血液が集まり脳の血流が低下するためです。

 

ただ、やはり5~6時間睡眠時よりかは強烈に眠くなったりはしませんでしたね。最低限の眠気でこの時間を乗り越えられるだけで超進歩。

 

~退社まで

おめめぱっちり<●●>

さすがに一日の疲れがでてくる時間ではありますが、5~6時間睡眠と比べるとここでの体力の残り具合も全然違う!

 

ただやはり一番パフォーマンスが下がる時間だと思うので、どうやったら空気のように職場からフェードアウト出来るのかを考えた方がいいですね!いつも考えてます!!

 

まとめると

一言で言ってしまうと「頭が常にスッキリしている状態になれます。なんかやべぇ表現ですけど冗談ではなく、これが5~6時間睡眠と比べてより顕著でしたね!

 

本当普段より1~2時間多く寝るだけでこれだけのパフォーマンスを手に入れることが出来るとは正直思っていなくて、どんな健康法よりもまずは寝ろ!と声を大にして叫びたいくらいです。

 

どうせ寝る前の1,2時間ってたいしたことしてないでしょ?だったら騙されたと思って寝てみてはいかがでしょうか(煽り)

☆書いた人はこんな人☆

ゴトウのことがよく分かるプロフィール

twitter

twitterでは更新情報の他に、あなたの役にまったく立たないことをつぶやいてます。

フォローミー!