堀江貴文著「多動力」はブロガーこそ読んで欲しい!

どうも!体が細いことから小学2年生まで「ゴボウ」と呼ばれていたゴトウです。
今はドラえもんのようにお腹がぽっこり出てるよかわいいね(^^)/

 

さて、今回は堀江貴文氏の著書「多動力」の考え方がフリーランス、特にブロガーにかなり刺さる内容だったので紹介!

ブログ運営に活かせる内容盛りだくさんの中、特に大事だなと感じたところをピックアップして解説していきます。

 

スポンサーリンク

「多動力」がブロガーに刺さる理由

「多動力」とは何か。それは、いくつもの異なることを同時にこなす力のことを言う。
堀江貴文著「多動力」 「はじめに」より

ホリエモン自身が実業家、プログラマー、作家、コメンテーターなど数多くの肩書きをもち、それぞれを平行して進めている。
これらの仕事を進める為にいかに自分の時間に充てられるか。今まで当然のように行ってきた「洗脳」を解き、いかに「多動力」を身につけるか、そういった方法がたくさん書かれている。

 

これってブロガーとして有名な人達もそうだよね。ブログとは別のメディアやオンラインサロンを運営しながら自分のブログも同時に更新し、ネタになるような情報をインプットしてる。

またいろんなことを同時に進める為に、自分で出来るようになるまで時間のかかることは出来る人にお願いし、「自分しかできないこと」にひたすら時間を使うのがうまい。

 

例えばブログのトップページのヘッダー部分(一番上の所)を自分でデザインするとしたら、僕の場合2週間以上はかかるだろう。

それならデザインはデザイナーにお願いして、ブログを書いたり本を読んだり外にでて経験した方が何倍も効率がいい。

「多動力」というのは物事を同時に進める力であり、有限な時間の使い方をも指南していると感じた。

 

生産性をあげるコツ

堀江氏はこの著書のなかで、収監されていた時期も欠かさず週一のメルマガを欠かさなかったそう。

また現在も毎晩のように飲み歩いているが、隙間時間にメモをとったりSNSで投稿し、それを再構築するだけでメルマガを完成させている。

ブログもそう。1から「よし書くぞ!」と意気込むより、twitterやfacebookで1テーマで何個か投稿して、それをまとめてブログにするとあっという間に1つ記事が出来上がり!

 

オフ会の記事なんかはtwitterの投稿で冒頭部分を済ませちゃってるからね。

まだまだ出来てないけど、この手法はオススメ!

 

生産性をあげる「多動力」

「多動力」とは「多くの物事を同時に進める力」だけでなく、「生産性を上げて時間をつくる」方法もあますことなく書かれている。

またあのホリエモンが実際にやっていることが知れるという事だけでも、読む価値あり!

かなり読みやすく、1時間もかからずスッと読めちゃうので、時間のない人にもオススメです。

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

☆書いた人はこんな人☆

ゴトウのことがよく分かるプロフィール

twitter

twitterでは更新情報の他に、あなたの役にまったく立たないことをつぶやいてます。

フォローミー!