ネットのグルメランキング1位は本当においしいのか?

どうも、小学生並みの味覚を持つ男、gtoです。

みなさんはどこか旅行に行くとき、行き先のグルメ情報や名産を調べてから行きますか?
せっかくの旅行だから、その地域でしか食べられない物を食べたいよね。
ちゃんとお店を調べてから行く方がほとんどだと思います。

 

旅行先のグルメって、おいしくてもそうでなくても、「こんな味なのか」と思えば良い思い出として残っていく。

 

しかし、いつでも食べられるもの、例えばおいしいラーメンを食べたいと思ったとき、あなたはどうやっててお店を調べますか?

 

 

ラーメン店が載ってる雑誌を読む、知人からオススメされたお店に行くのもそうですが、
ほとんどの人が「ネットで調べて」行くと思います。

 

 

 

僕はそれで失敗しました。後悔しました。
なぜ失敗してしまったのか。そのときの状況と、なぜそうなったかを考えてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

ネットのグルメランキングは参考にならない

万人にウケるラーメンが1位なのか

約9年前、友人達とその日はラーメンしか食べないという「ラーメン会」なるものを発足。
おのおの食べたいラーメン店を持ち寄り、休みなく片っ端から食べていくという遊びをしました。
その時はみんなネットでお店を探してました。

 

ラーメン店は都内だけでもたくさんあり、探すのも大変。
ラーメンを語りたがるお年頃の僕たちでも限界がありました。
そんなときに役に立つのが、口コミの票数で決まる「ランキングサイト」

 

 

今でこそ、ネットの情報が必ずしも真実ではないことがわかってきましたが、
当時はまったく疑いもせず信じていましたね。

 

 

「ランキングサイトで1位になるくらいだから絶対うまいだろう。」

 

 

約1時間の行列に並び、1000円近い料金を払い、うまくもなければまずくもないラーメンを食べました。

 

 

お店に出た僕らは揃って「これはないわ」と笑いました。
ネットの情報がまったく役にたたないと、「騙された!」と初めて感じた出来事でした。
(先程調べたら、そのお店のランキングは329位でした)

 

(よし、全部ジムだな・・・っておい!騙された!)

 

 

そもそも食のランキングって意味あるの?

当時のラーメンランキング1位のラーメンを1時間並んで食べて後悔したわけですが、
そもそも食のランキングって意味があるのでしょうか?

 

人の数だけ「好き嫌い」があるように、人の数だけ「ラーメンの好み」があるわけです。
薄い味が好きだったり、濃い味が好きだったり、夏がだめだっり、セロリが好きだったり・・・

 

とりあえず人を集めてレビューをしてもらって、なるべく評価を高くして貰えれば、ランキングなんて簡単に上位にいくんじゃない?

 

 

まあラーメンランキングサイトを批判したいわけではなく、ネットのランキングはいかようにもなる、ということを言いたいわけです。

もちろん、数多くあるラーメン屋から行きたいお店を探す点において、ランキングサイトはすごく便利。

 

 

実際に経験してみることが大事。

当時のラーメンランキング1位のラーメンを1時間並んで食べて後悔したわけですが(しつこい)
「ネットの情報って簡単に信じちゃいけないんだな」
とても勉強になりました。

 

 

なので、今後このブログで「本当にネットのオススメはオススメなのか?」を調べて記事にしようかなと思っています。

主にその地域でオススメされているグルメ、観光地などを巡ってみる感じです。

(先週は吉祥寺のオススメグルメを食べてきたので、近々記事にしたいと思います)

 

 

それではみなさん、あまりネットの情報を鵜呑みにしないで、あなた自身で真実をみつけだしてくださいね!

 

おわり!

 

 

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

☆書いた人はこんな人☆

ゴトウのことがよく分かるプロフィール

twitter

twitterでは更新情報の他に、あなたの役にまったく立たないことをつぶやいてます。

フォローミー!