お酒の弱い人でも楽しく飲み会に参加できる方法をまとめてみた

どうも!飲み会1時間で顔が真っ赤になるゴトウです。

 

お酒弱い人っていますよね。飲んですぐ顔が赤くなったり、酔いが回りやすい人。自分もすぐ顔が赤くなるし弱い人間です。けど飲み会は楽しいので最後まで楽しみたい・・・

 

今回はそんな弱い人でも最後まで楽しめるよう、どうしたら酔わずに飲み会を楽しめるかまとめてみました。お酒が弱い人必見となってます。

スポンサーリンク

なぜ、お酒に強い、弱い人がいるのか

そもそも、なぜ人によってお酒が強い人、弱い人がいるのでしょうか。

アルコールを飲むと肝臓の働きで「アセトアルデヒド」に分解されます。この「アセトアルデヒド」がとてもやっかい!

アルコールよりも10倍毒素性が強いと言われていますが、これを分解してくれるのが、「アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)」と呼ばれる酵素。この酵素の働きが強いか弱いかで、お酒が強いか弱いかが決まってきます。

 

 

私がお酒に弱いのは、このアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱かったからなんですね。キショー

日本人はお酒が弱い?

じゃあ弱い人は日本で何%いるかというと、働きが弱い人が45%、働きが強い人が50%、まったく働かない人が5%いるそうです。お酒全く飲めない人っていますけど、それはこのアセトアルデヒド脱水素酵素が全く働かない、アセトアルデヒド脱水素酵素ニートだったわけです。

(イメージ図)

ちなみに、アセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱い、もしくはニート(働かない)はモンゴロイド(黄色人種)だけに見られる特徴で白人や黒人にはアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱い(もしくはニート)はいません。

少ない人~とかではなくいないんだそうです。

酔わない方法

お酒が弱くても、お酒を飲む場が好きな人多いですよね(私もです)せっかくなら楽しく飲みたいのに、つい飲み過ぎて気持ち悪くなって・・・なんて悲しいものです。

 

ただ、ある程度知識があれば、お酒が弱い人でも楽しく最後まで飲むことは可能です!飲む前、飲み中、飲み後の3パターンに分けて見たので参考にしてください。

飲み会の前にすること

空腹状態では飲まない

アルコールを分解する能力には限界があります。胃に何もない(空腹)状態でアルコールのみを入れてしまうと、胃はアルコールを全力で吸収します。

しかし吸収量に分解能力が追いつかず、分解できなかった血液中のアルコールが前進に送られ、脳を麻痺させる酔いの症状を発生させてしまうわけです。

 

胃の中に食べ物を入れておくことでアルコールの吸収速度が遅くなり、血液中のアルコール濃度の上昇速度が穏やかになります。なので飲む前はおなかをある程度満たしてから行くのが鉄板です。

乳製品は意味がない?

「飲む前に牛乳を飲むと、胃に膜がはられてアルコールが吸収されにくくなる」と聞いたことありませんか?私は聞いたことありましたし、そう信じていました。しかしこれはあまり意味がないようです。

 

そもそも、牛乳を飲んだあとお酒を飲めばアルコールで流されるしまいます。牛乳の膜でアルコールを防ぐ医学的根拠もないようです。

よって、合コン前にルーティーンのように牛乳パックを一気飲みしていた行為に意味がないことが今ここで判明しました泣

・肝臓の能力を高める

アルコールを分解する肝臓の能力を高めておくと、酔いづらくなります。以下の物を摂取すると、肝臓の能力を高めることが出来るようです。

  • ウコンをとる
  • 栄養ドリンクを飲む
  • 緑茶を飲む。

 

ウコンをとる
→ウコンの成分である「クルクミン」は肝臓の働きを改善すると言われています。「前ウコン」といって飲む前にウコンの力を飲むのが自分のところでは流行っていました。昔いた会社のお局に「ウコンの力買ってこい」とよくパシリにされてました。

 

栄養ドリンクを飲む
→栄養ドリンク、特にゼリア新薬の「ヘパリーゼ」を飲み会の前に飲むと良いそうです。ヘパリーゼの主成分である「肝臓水解物」が肝機能をサポートしてくれる効果があります。昔いた会社のお局に「ヘパリーゼ買ってこい」とよくパシリにされてました。

 

緑茶を飲む
→緑茶に含まれている「カテキン」がアルコールなの吸収を阻害する効果があります。じゃあ緑茶ハイは・・・(煎茶、玉露、抹茶にはカテキンは含まれないまたは微量なのであまり効果はなありません)

 

 

ゴトウ
まとめ:飲み会の前は空腹を避け、ウコンとヘパリーゼを飲み、緑茶のPETを常備しよう!

 飲み会中の立ち回り方

では次に、飲み会中の酔わない立ち回り方を紹介します。

  • アルコールと同じ量の水を飲む
  • 空腹様状態にならないように食べる
  • 酔ったフリをする。

 

アルコールと同じ量の水を飲む
水:お酒=1:1になるよう水も一緒に飲んでいくと、体内の血中アルコール濃度を押さえることが出来ます。利尿効果もあるので、頻繁にトイレに行ってアルコールを出しましょう。もしくはおむつを履いていればその場で出来るので怖いものなしですね。

 

空腹状態にならないように食べる
→飲む前のところでも言いましたが、空腹にならないよう常に食べ続けましょう。アルコールの分解を助けてくれる食べ物(豆腐、枝豆、チーズ、豚肉、魚介類、トマト、しじみ汁など)を見つけたら率先して食らいついて行く姿勢が大事です。もし飲み過ぎて気持ち悪くなってしまっても、お腹に食べたものがあればリバースする時とても楽です(なにもお腹に入っていないときのリバースは地獄)

 

酔ったフリをする
→酔ってなくても酔ったフリをしましょう。あなたが入学したばっかりの大学一年生の女子でない限り無理矢理飲ませてくることはないはずです。

 

ゴトウ
まとめ:常に水を用意しておき、ばくばく料理を食べまくりながら、「酔っちゃった♪」と周りに宣言して元をとろう!

飲んだ後の対処法

楽しい飲み会が終わりました。できれば次の日に残したくないですよね。飲み会が終わった直後の行動も大事です。

  • スポーツドリンクを飲む。
  • ノンカフェインの栄養ドリンクを飲む。
  • サウナ、長時間の入浴はNG

 

スポーツドリンクを飲む
→スポーツドリンクは「ナトリウムイオン」が含まれており、体内に水分を保持する力に優れています。また寝ている間も肝臓がフル回転しているので、朝起きたときに低血糖症になりがちです。スポーツドリンクの糖分がこの低血糖症を防いでくれます。このためカロリーオフタイプのスポーツドリンクは避けましょう。

 

ノンカフェインの栄養剤を飲む
→就寝中の肝臓の働きが、次の日の目覚めに大きな影響を及ぼします。肝臓の機能を向上させる栄養ドリンクも効果的ですが、カフェインが入っていると就寝に適さないので、ノンカフェインの物を飲むのも効果的です。昔いた会社のお局に「ノンカフェインの栄養剤買ってこい」とよくパシリにされたことはありません。

 

サウナ、長時間の入浴はNG
→よく体に残っているアルコールを抜くという理由でサウナや長時間入浴するのがいいと聞いたことありますが、これは全くの嘘です。発刊により体の脱水を進めてしまい、かえって血中アルコール濃度を高めることになります。サウナで抜くのは危ない薬を使った後にしましょう。

 

ゴトウ
まとめ:脱水症状を防ぐためにカロリーオフのスポーツドリンクとノンカフェインの栄養剤を飲もう!けしてサウナや長時間の入浴はしないように!

 

 

これでもう酔わなくてすみますね。これからGWなどでお酒を飲む機会が増えると思うので、是非参考にしてください。

あと、どんなに頑張っても弱い人は弱いので、無理にお酒を飲ませる行為はダメですよ!

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

☆書いた人はこんな人☆

ゴトウのことがよく分かるプロフィール

twitter

twitterでは更新情報の他に、あなたの役にまったく立たないことをつぶやいてます。

フォローミー!