【本】ブログを始めるならまずはこの本!「世界一やさしいブログの教科書1年生」レビュー

「ブログを始めたい!でもどうすればいいのかわからない・・・」

そんな私が本屋のブログコーナーに行き、平積みにされていたのがこの本でした。

 

 

「世界一やさしい!?これなら自分でも理解できるかも!」

パラパラと立ち読みをしたあと、気がつけばレジに足を運んでいました。

 

今回は、私が実際にブログを立ち上げる際、参考にしまくったこの本の紹介をします。
ブログをやってみたい!と思っている人は必読!

 

 

スポンサーリンク

世界一やさしいブログの教科書1年生

著者:染谷昌利氏

主な著書

「ブログ飯 個性を収入に変える生き方」

「世界一やさしいアフィリエイトの教科書1年生」

「Google AdSense 成功の法則57」

その他、数多くのブログ本を出版されています。

 

 

世界一の名の通りの読みやすさ

購入してすぐに読み始めましたが、パソコンがあまり得意じゃない私でもすらすら読めちゃうほど読みやすい!

 

 

約300ページありますが、文字が大きくて読みやすく、図解も多く取り入られているのでページ数は気になりません。すんなり理解できました。

 

 

 

有名ブロガーを数多く紹介している

著書の中に、多くの読者をもつ有名ブロガーを紹介している章があります。収益の上げ方やブログを作るきっかけ、ブログを運営するにあたり気をつけていることなど、他のブロガーの方と接点があまりない私にとって、とても参考になることが書いてあります。

 

そんな有益な情報が16ブログ分もあります!なんども読み返して自分のブログに反映したいですね。

 

 

 

ブログの書き方や集客、収益の上げ方の’基礎’が学べる

集客の仕組みや、広告収入の説明、設置の仕方など、実際にブログを運営していく人の’基礎力’をあげることが多く書かれています。

 

小手先のテクニックを駆使するというよりかは、堅実にブログを成長させたい人向けといったところでしょうか。

まとめ

世界一やさしい’の言葉通り、とても簡素に書いてあり読みやすいです。またこの1冊で有名ブロガーのノウハウも知ることができました。

ブログを始めたい、ブログで収益を得たいと考えている人は必読ではないでしょうか。

 

おまけ:この本を読むと起こりうる未来(妄想)

男「あ~、仕事しんどいなぁ・・・もっと楽しく稼げる方法ないかな~」

男「ん?ブログで月100万?!やりたいことをするだけで生活できる?!」

男「そんなうまい話があるわけないよな・・・(そのまま本屋へ)

男「世界一やさしいブログの教科書1年生、か。これなら仕事の合間でも読めそうだな」

男「なるほど!ブログはこうして稼ぐのか。ふむふむやってみよう」

~1年後~

男「自分の好きなことをブログにしてたら、今の収入と同じくらい稼げるようになったぞ!もっと勉強して工夫すればもっと稼げるな!

こうして男は、自分の好きなことで稼いで好きなように生きていったとさ。

めでたしめでたし。

 

 

だといいな!おわり!

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

☆書いた人はこんな人☆

ゴトウのことがよく分かるプロフィール

twitter

twitterでは更新情報の他に、あなたの役にまったく立たないことをつぶやいてます。

フォローミー!