【仕事】新社会人必見!仕事ができる人の特徴を簡単にまとめてみた!

仕事がバリバリでき、周りから頼りにされ、上司からの信頼も厚い。
自分の周りにはそういった「仕事のできる人」がいます。私ではありません。

 

 

 

そういった「仕事のできる人」に共通する特徴をまとめました。
これから社会人として新たな一歩を踏み出した方、また仕事をスムーズにこなせない方へ、解決のヒントになればと思います。

 

 

関連記事
新社会人必見!「報告、連絡、相談」が大事な理由

 

 

☆仕事ができる人の特徴☆

 

  • 依頼されたことはすぐやる。すぐ行動する。
  • アドバイスをもらったら、その後どうなったか報告する。
  • スケジュールをしっかり決め、今何をすべきかを把握している。

書いてみると当たり前のことですが、これを実践するのが実は難しい!一個ずつ説明していきますね。

 

 

依頼されたことはすぐやる。すぐ行動する。

上司から依頼されたこと、またお客さんから依頼されたことの返答スピードは、早ければ早いほど相手の印象は良くなります。たとえ完璧でなくても、早さを重視した方がいいです。

 

 

 

もしミスが発覚しても、早くこなしていればリカバリーする時間もあるはずなのであまり問題になりません。

 

 

 

もちろん、ただ早さだけを重視して、回答になってない回答をしてはいけません。もし何かを依頼されたら、返答期限を聞いて、その1~2日前に返答することを心がけるといいでしょう。

 

 

 

 

相手は希望した期限より早く回答が来たことによって、仕事が早いと認識してくれます。

 

 

 

 

 

 

アドバイスをもらったら、その後どうなったか報告する。

わからないことや困ったことがあると、上司や先輩に相談すると思います。ですが、アドバイスをもらった後、そのアドバイスのおかげでどうなったかを報告する人はあまりいないんじゃないかなーと思います。自分もそうでした。

 

 

 

「先輩のアドバイスのおかげで問題が解決しました!ありがとうございました!」
この一言があるだけでも、アドバイスしてよかったと思うし、可愛げのある後輩だとおもってくれます。

 

 

 

 

 

 

スケジュールをしっかり決め、今何をすべきかを把握している。

会社について、「さて今日はどうしようか?」と考えているようではダメです。今日なにをすべきかは、昨日のうちに決めておきましょう。

 

 

 

出勤したての朝は、なにかトラブルが起こったり、急を要することが他の時間帯より多いです。そうなると、そっちに気をとられて、今日何をしなければいけないのか考えられなくなり、ミスにつながってしまいます。

 

 

 

夜ですと、客先も営業してませんし、急を要することは少ないので、最低でも今日の予定は昨日の夜に立てるのがベストです。

 

 

 

 

 

 

☆まとめ☆

 

  • まずは行動!スピードを意識して仕事をしよう!
  • アドバイスをもらったら、その後どうなったかを報告しよう!
  • 当日の予定は昨日までに立てよう!

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

☆書いた人はこんな人☆

ゴトウのことがよく分かるプロフィール

twitter

twitterでは更新情報の他に、あなたの役にまったく立たないことをつぶやいてます。

フォローミー!










1 個のコメント