【音楽】BUMP OF CHICKEN おすすめ物語系の曲をまとめてみた【10曲】!

 

みんな大好き「BUMP OF CHICKEN」
今回は歌詞が物語り調になっている曲の中から、個人的なおすすめ曲をまとめてみました!

 

 

これからBUMPの曲を聴いてみようとしているそこのあなた!是非参考にしてみてください!

 

 

 

 

☆物語り調のおすすめ10曲☆

 

  • K
    (アルバム「THE LIVING DEAD」収録)
  • グングニル
    (アルバム「THE LIVING DEAD」収録)
  • ベンチとコーヒー
    (アルバム「JUPITER」収録)
  • ダンテライオン
    (アルバム「JUPITER」収録)
  • 車輪の唄
    (アルバム「ユグドラシル」収録)
  • 乗車権
    (アルバム「ユグドラシル」収録)
  • ラフメイカー
    (アルバム「present from you」収録)
  • 銀河鉄道
    (アルバム「present from you」収録)
  • ホリデイ
    (アルバム「present from you」収録)
  • かさぶたぶたぶ
    (アルバム「orbital period」収録)

 

最近の曲というよりかは昔の曲が多めですね!
「あの曲が入ってない!」「なんでこの曲なんだ!」という意見、あると思います。

 

 

 

が、そこは広い心で受け入れてください!

では、一曲ずつ簡単ですが思ったことを書いていきます。

 

 

 

K (アルバム「THE LIVING DEAD」収録)

世間一般的に、BUMPといえば「天体観測」が根強いですが、BUMPファンからすると
この曲もBUMPを象徴する曲ではないでしょうか。

 

 

昔、フラッシュが流行ったときにこの曲が使われ、BUMPを知ったきっかけになった人も多いはずです(私もそうでした)

 

 

今でも「フラッシュ K」で検索すればYoutubeにあるので、是非見てください!
何度聞いても鳥肌が立っちゃう!

 

 

最近のコンサートでも演奏していたので、メンバーも思い入れのある曲だと感じます。

 

 

グングニル(アルバム「THE LIVING DEAD」収録)

安っぽい、うさんくさい宝の地図を信じ、航海にでる人の物語です。
「周りからは愚かだと思われながらも、周囲の目に負けず自分の信じた道を行く」
と私は勝手に解釈し、勝手に頑張ろう!って思ってます。

 

 

ベンチとコーヒー(アルバム「JUPITER」収録)

ベンチに座ってコーヒーを飲みながら、行き交う人々の背景を歌う曲です。
「趣味は人間観察です!」という人はきっと共感すること間違い無しです(適当)

 

 

ダンテライオン(アルバム「JUPITER」収録)

この曲は先ほど紹介した「K」同様、動物をモチーフにした物語となっています。
結末も似ている流れなので、Youtubeにあるかな・・・と探しましたが歌ってみたばっかりだったので断念しました(歌ってみたを馬鹿にしているわけじゃないよ!)

 

 

車輪の唄(アルバム「ユグドラシル」収録)

この曲はアルバム曲ですが、その後シングルカットされて限定販売されるほど、ファンの中では人気の曲です。

 

田舎道、太陽が照りつける中、若い男女が二人乗りで青春とともに駆け抜けていく・・・
そんな描写が頭に残る、私にとっては経験し得なかった、心をえぐられるような名曲です(二人乗りはあぶない)

 

 

乗車権(アルバム「ユグドラシル」収録)

BUMPの曲では珍しく人間の本質というか、人間らしさを直接的な言葉で歌っています。
かなり暗い雰囲気ですが、特徴的な曲でもあります。

 

 

ラフメイカー(アルバム「present from you」収録)

泣いている男に、「ラフメイカー」と名乗る謎の人物が笑顔を届けるためにやってくる曲です。
こちらも「K」と同様に動画がありますので是非見てみてください。
よく友人とのカラオケで男とラフメイカーで分かれて歌ってました。

 

 

銀河鉄道(アルバム「present from you」収録)

この曲では先ほど紹介した「車輪の唄」のカップルと思わせるような描写が出てきます。
こういった曲同士の内容がリンクする曲が多いのも、BUMPの特徴です(最近はない?)

 

 

ホリデイ(アルバム「present from you」収録)

朝、布団から起きるか起きないかうだうだする曲です(笑)
このリストの中で個人的に一番好きな曲です。

 

☆かさぶたぶたぶ(アルバム「orbital period」収録)

かさぶた?!最初題名を見たときはなんのこっちゃと思いましたが、
はい、お肌にできるあのかさぶたのお話です。というか、かさぶたが歌っています。

 

 

 

☆まとめ☆

 

いかがだったでしょうか?
「THE LIVING DEAD」は収録曲ほとんどが物語になっていますし、
「present from you」もB面をあつめたアルバムなのでそういった曲が多い印象です。
最近は紅白やMステにも出演するなど、テレビでの露出も増えてきましたね。
今の曲もいいですが、昔の曲にも心に響く曲がたくさんあるので是非聞いてみてください!

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

☆書いた人はこんな人☆

ゴトウのことがよく分かるプロフィール

twitter

twitterでは更新情報の他に、あなたの役にまったく立たないことをつぶやいてます。

フォローミー!