【仕事】退職を考えている人へたった一つのアドバイス

私は23の年に新卒で入社、その後、26歳で転職。しかし、2社目も2年10ヶ月で退職しました。

現在は専業ブロガーとして生計を立てるために活動しています。

 

2社目を辞める決意をしたとき、頭の中で「俺会社員に向いてない。個人でなにかをしてみたい」と、今まで経験したことのない感情の昂ぶりを感じたことを今でも忘れません。

 

 

 

そりゃ会社に不満はありましたよ。それは誰だってあると思います。
けどその不満を我慢して、押し殺して働いている。

 

私には、それができませんでした。

仕事に怯えて、誰かに怯えて仕事をしたくない。

 

そういう「したくない」の感情が爆発して、結果会社を辞める決断しました。

 

 

 

しかし、会社を辞める決断が出来ず、ただ時間が過ぎてしまっている人もいるはずです。

 

 

今回は、退職するか迷っている人に向けて、私の実体験を踏まえながら、お話ししたいと思います。

関連記事
【仕事】上司に退職届けを出す超簡単な方法(実体験)

 

《私が退職した理由》

 

私は26歳の時に一度転職をしました。

 

いろいろと退職理由はありましたが、一番の理由は「会社の雰囲気が自分と合わなかったから」からです。

 

80人程度の小さな会社で、季節毎の飲み会や強制参加のゴルフコンペなどのイベントに社長も参加するのですが、社長を喜ばせるために社員がいろいろ無理をしたりするわけです。一気飲みとか、裸になったりとか。

 

初めての会社でしたから、そういうのが当たり前なのかな~と思っていましたが、2年目を迎えたあたりから「これがずっと続くのか」と嫌になり、いつか退職しようと常に考えていました。

 

自分が仕事でどれだけ頑張っても、成果を出しても、きっとこの雰囲気は変わらない。自分だけ特別扱いになるはずがない。

 

なら、もうここに長く在籍する必要はない。

 

2年11ヵ月でこの会社を退職しました。

 

 

 

《なぜ、退職したいのか》

 

この記事を読んでいる人は、少しでも転職のことが頭の中にあるという前提でお話しします。

上記のように、私は「会社の雰囲気が合わない」から退職しました。

皆さんはどのようなことで「この会社辞めたい」と思いましたか?

 

 

営業や事務など、仕事内容が自分に合ってないから。

 

社内の人間関係がうまくいかないから。

 

給料が低いから。

 

などなど、いろいろ出てくると思います。

 

 

 

《一番の退職理由、それが変えられないのなら退職しましょう》

営業や事務が合わないのなら、上司に掛け合って仕事内容を変えることはできませんか?

人間関係がうまくいっていないのなら、別の支店に異動願いを出せませんか?

給料が低いのなら、資格を取って資格手当は貰えませんか?

営業成績が良ければボーナスは増えますか?

 

あなたが考えている一番の退職理由がどうしても変えられないのであれば、もういる必要がないです。辞めちゃいましょう。

 

 

ずっといても、心が疲弊していくだけです。

なんども書きますが私が退職した理由は「会社の雰囲気が合わない」からです。

これは、私以外の社員が総入れ替えしない限り解決不可能です。

実際、私は転職してから給料も上がり、社内の雰囲気もいいところに転職できました。

私の転職方法は転職サイトを使いました。その時の実体験はまた別の記事にしたいと思います。

 

 

 

 

《会社に残るのも選択肢の一つ》

 

とはいえ、転職はリスクがつきものです。転職先では給料が低くなるかもしれません。残っていたら勤続年数が増えるごとに基本給が上がるかもしれません。今いる支店の人間関係が最悪でも、異動先の人は皆やさしく、仕事がしやすい環境かもしれません。

 

もし、今の会社に不満があり、転職を考えているのであれば、今一度「なにが不満なのか」を紙に書き出してみてください。そしてその解決方法を探してみてください。

 

 

解決方法があれば試してみる。なければ辞める。

 

 

そのくらいの気持ちで考えてみれば、少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか。

☆書いた人はこんな人☆

ゴトウのことがよく分かるプロフィール

twitter

twitterでは更新情報の他に、あなたの役にまったく立たないことをつぶやいてます。

フォローミー!